しっかりと水分補給!

これからの時期に気をつけたいのが熱中症です。




熱中症は暑い中普段より多量に流れ出る汗によって脱水し、体温調節が破綻することにより体温が上昇するとともにめまい・頭痛・吐き気などが見られ死亡率も高いです。




夏は屋外での運動や部活動も盛んになってきますよね。




熱中症を予防する為には「水分補給」が重要になってきます。

運動の最中や前後にも正しくしっかりと水分補給することが大切です。

また、運動をしていない、外にあまり出ないといった方々も油断は禁物です!

熱中症は室内でも起こり得る為です。(室内熱中症という言葉もあります。)







水分補給といっても何を飲むかも重要なポイントになってきます。







高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。




そこに水分補給(水やお茶)だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。




つまり、水分だけを補給することがかえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりすることもあるのです。

そこで水分と一緒に塩分も補給することが重要です。自分で手軽に作れる食塩水も◎。
目安として、1ℓの水に対して1~2g の食塩を加えます。


さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です^^


手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめで
す。

涼しい場所にいるから、喉が渇いてないから、暑くないからといった理由から自分は大丈夫といった思い込みを持つことが一番危険です。




他人事だと思わずにしっかりとできる対策を行っていきましょう。