ダイナミックストレッチについて

前回の投稿でスタティックストレッチについて紹介させていただきました。 
そこで今回は別のストレッチ法であるダイナミックストレッチという方法を紹介させていただきます!

皆さんはダイナミックストレッチという言葉を聞いたことはありますか? スタティックストレッチとは何が違うのでしょうか・・・


まず、ダイナミックストレッチとは、対象となる筋群の拮抗筋群を意識的に収縮させ、関節 の曲げ伸ばしや回旋などといった関節運動を行うことで筋や腱を引き伸ばしたり、実際の スポーツあるいは運動を模した動作を取り入れることでそれぞれの動きに特異的な柔軟性 を向上させたり、利用される筋群間の協調性を高めることなどを目的として行うストレッ チ方法の一つ。とあります。

つまりは、筋肉を縮めたり伸ばしたりしながらおこなう動的ストレッチ。 主に往復の動きをしながらおこなうので、筋肉を温め関節可動域を広げる効果があります。


また、パフォーマンス向上にも効果的で、ラジオ体操など運動前のウォームアップに適した ストレッチです。

このダイナミックストレッチはどのようなときに行うべきなのでしょうか? →筋トレや運動前にはダイナミックストレッチがオススメです!

何もしていない状態からいきなり身体を動かすことで、怪我をしてしまうことがあります。 
これは、筋肉に衝撃が加わっても対応できるための準備が整っていないことが原因の一つ です。だからこそ、運動前にはウォームアップをすることをおすすめします。

ウォームアップというのは、『怪我の予防をする』『筋肉を温めて動きやすい状態にする』と いった目的があります。 これから動くので、この場合ではスタティックストレッチではなくダイナミックストレッ チを選んでおこなう方が良いです。 何故なら、スタティックストレッチはじんわりと筋肉を伸ばしていくことで柔軟性は高ま りますが、筋肉を温める効果は期待できないからです。

もしここで時間をかけて筋肉を伸ばすとしたら、筋肉が温まらないだけでなく張りが少なくなることでパフォーマンスの向上が妨げられる可能性もあるのです。(伸び縮みしづらく なるため) 主運動の強度にもよりますが、やはり選んだ方が良いのはダイナミックストレッチといえ るでしょう! ダイナミックストレッチは、先に説明したように筋肉を温め関節可動域を広げます。 筋肉が温まりしなやかに動くようになれば、過度なダメージが少なく大きな力を発揮でき るようになるでしょう。

ストレッチといっても方法には種類があります。 
その時の目的、必要性にあわせたストレッチを行い、自分の生活に活かしていきましょう!