体重と筋力バランス

身体の大きい人のほうが小さい人より力が強いのは当たり前!スポーツにおいても有利と一般的にはされていますが、本当にそうでしょうか?

 
上記の様に思った理由としては、体格差があっても腕相撲等で互角に戦っているパターンも多く見受けられます。

相撲でも比較的小さい力士が大きい力士に勝っている事も良くありますよね

あれ?体格差は関係ない?となるとは筋肉量の違いから?

↓

↓

筋力の強さは筋の断面積に比例しています。

つまり、身体が大きければ筋の断面積も大きくなるので筋力自体も強くなります。

しかし、“体重当たりの筋力(筋力÷体重)”を考えた時、身体が大きいと相対的に小さくなることに留意すべきです。

 
体重が重ければ重いほど、筋肉の全体量も多くなるのは当然ですよね。しかし、筋力の評価において、筋力を体重で割った値を用いることは一見合理的のようですが、筋力は筋肉量ではなく筋の断面積に比例する為、体重が大きく異なる人同士の筋力評価においては、注意が必要です。

体重50kgの人と100kgの人、2人ともが100kgの錘を挙上できる場合、体重当たりの筋力は50kgの人の方が2倍の筋力を持っているということになります。

また、体重50kgの男性で握力が50kgということはあり得ますが、体重100kgで握力が100kgということはまずありません。重量挙げなどの成績を体重で割れば、計重量のほうの値が高くなって当然です。

 
つまり、身体が小さい方が筋力自体は高くなくても、体重当たりの筋力が高くなる為、自分の筋力で身体をコントロールするのは容易であるといえます。

それに比べて、身体が大きいと筋力自体は高くても体重当たりの筋力は低く、自分の筋力で身体を自在にコントロールすることは容易ではありません 
このことは、体重と筋力との関係から起こる事であって、身体の大きい人の方が、筋の能力が低いわけではありません。

また、利き手と利き手ではないほうで筋力差や技量差があることは仕方ないですが、スポーツや運動する人にとってはその差が大きすぎるのは好ましくないですね。

苦手としていることは得意なことの倍くらい意識的に刺激を与えていきましょう。

 
筋肉がついていてもそれを上手く使いこなすことが大切なのですね。見た目で強さは測れません。見かけによらずとても腕相撲が強い人も周りにいるかも・・・

トレーニングを行う際にはどこの筋肉を鍛えているのかを意識してあげましょう。そうすることで、その部位に力が入りやすくなりコントロールもし易く、達成感も得られます。

得意な種目、不得意な種目どちらも行うことで全身バランスのとれた引き締まった身体を目指しましょう!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 STUDIO CAPO 代官山

------------------------------------------------------------------------

 完全会員制パーソナルトレーニングジム、スポーツ・ダイエットジム×整体院

 200種類ものトレーニング可能なマルチトレーニングマシン「キネシス」完備。

 EMS運動マシンMPXも導入。ダイエットにもおすすめです。

------------------------------------------------------------------------

[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-21-1 ジョワレ代官山

[アクセス]電車:東急東横線「代官山駅」より徒歩1分

[営業時間]9:00~23:00(最終入店22:00) 

[店休日]年中無休(年末年始除く)

[TEL]03-6452-5532

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━