外傷が起こったら、、、RICE処置

トレーニングやスポーツをしていたら気を付けたいのが怪我です。中でも外傷は意図せず突発的に起こってしまいます。気を付けていても避けられない場合もある為、現場で行う基本的な処置“RICE”を覚えておきましょう。


RICE処置は「Rest(安静)」「Ice(冷却)」「Compression(圧迫)」「Elevation(挙上)」の頭文字を並べた言葉であり、ほとんどのスポーツ外傷に適用できます。

外傷発生時には、ケガの状態を確認しましょう。ケガの状態を確認せず損傷部位を動かすことにより、腫れや内出血などが増し、機能障害が生じるおそれがある為、早期にRICE処置を行い、損傷部位の炎症や二次的損傷を防ぐことが重要です。

この処置の有無がケガの回復に大きく関わってきます。

外傷が発生したらまず速やかに試合や練習を一時中断して「Rest(安静)」をとりましょう。次に患部の熱感や腫れを最小限に抑えるために患部を「Ice(冷却)」します。また、腫れを最小限に抑えるため、弾力包帯などを用いて患部を「Compression(圧迫)」します。さらに、受傷した部位を心臓よりも高く「Elevation(挙上)」することにより腫れの悪化を防ぐことができます。

ただし、“RICE処置”はあくまで応急処置の為、受傷後はできるだけ早期にスポーツ専門医を受診しましょう。

トレーニング中にケガをしたり、痛みを感じた場合もただちにトレーニングを中断して、RICE処置を行い運動を中止することが望ましいです。



放っておけば治る、自分は気を付けているからケガをしない、いままでしたことがないから今後も大丈夫等と考えず正しい処置を覚え、万が一の場合に備えて生涯スポーツを楽しんでいきましょう!