筋肉痛について

筋は、連続して力を出し続けると徐々に出力が低下していく事を「筋疲労」と呼びますが、運動直後ではなく、翌日以降をピークに出現する筋疲労を「遅発性筋肉痛」といいます。

 

筋肉痛は一部の筋肉に鈍い痛みが生じます。収縮方向とは逆方向に引き伸ばされながら力を生じる「伸張性収縮」を行う筋肉に起きやすいのが特徴です。

 

筋肉痛は筋の、炎症から起こるダメージによる痛みです。筋肉痛が発生する原因については、医学的な詳細がまだはっきりとわかっていませんが、運動によって傷ついた筋繊維を修復するためのメカニズムの一部とされています。



痛みは通常一週間以内には治まりますが、患部の熱感や腫れを伴うこともあり、発症後数日間は歩行などの日常的な動作に支障が生じることも少なくありません。

 

トレーニングを行なっている人の中には、筋肉痛が来ないと筋トレの効果が得られていないと考える人も少なくはないと思います。

しかし、筋損傷の程度と筋肉痛の痛みの程度には相関が無く、筋肉痛を目安にトレーニング効果を判断することは正しいとは言えません。


 慣れているトレーニング内容であれば筋肉痛がそれほど出ない場合も多いのではないでしょうか。

筋肉痛がないからといって効果が出ていないわけではなく、普段よく動かしている筋肉であることや、筋繊維をほとんど傷つけなくても動かせる動作であることが要因の一つだと考えられます。
はじめは筋肉痛がひどかったのに、最近は全く筋肉痛がでない、ということであれば、筋肉がそれだけ成長した証!

その場合は、次回から少し負荷を増やすトレーニングにすると◎



対処法として、準備運動でストレッチングを行なったり、軽い強度でエキセントリックな負荷をかけたり、前日に筋温を上げておくと筋肉痛を予防する効果があると言われています。

それと、運動直後に静的ストレッチングを行う筋肉痛が軽くなるとも言われています。

 

その一方で、遅発性筋肉痛が生じたあとにストレッチングを行っても軽減する効果はあまり見られないようです・・・

 

筋肉痛に悩まない為には、運動前後のケアと休養をしっかりと取る事が大切です!