運動後の筋肉痛・・・なぜ起こる?どうすれば早く治るの?

誰もが一度は経験したことのある筋肉痛。
運動後1~2日後に出現する筋肉痛。正式には遅発性筋肉痛と呼ばれます。
運動後24~72時間以内に出現し1週間以内に症状は落ち着くとされています。
久しぶりの運動で痛みに苦しんだ人。
普段トレーニングしている人は、後日くる筋肉痛によりトレーニングの効果を実感している人も多いはず。

今回は筋肉痛の原因やトレーニングとの関係、早期回復法ついて説明したいと思います。


なぜ起こる?筋肉痛!
筋肉痛出現の原因は様々な説がありますが、最有力と言われているのが運動で損傷した筋肉が修復される際に生じる発痛物質が原因とされています。
トレーニングにより損傷した筋肉には白血球が集まり傷の修復を始めます。
しかし、修復の過程で炎症が起こり、更にブラジキニンやプロスタグランジンなどの発痛物質が生産されます。
これらの発痛物質が筋肉痛の原因となっているとされます。


筋トレ=筋肉痛?

Q.筋肉痛が来なかったからトレーニング効果が期待できない?

A.筋トレ=筋肉痛ではありません!
普段から筋トレを行っている人には、次の日筋肉痛が来ないと筋トレの効果がなかったのではないかと不安になる方はいませんか?
トレーニングを行い、筋肉が損傷と修復を繰り返すことで筋肉が太くなる=筋肥大が起こります
。筋肉痛はこの損傷と修復の過程で出現しますが筋肥大のメカニズムはこれだけではありません。
トレーニングを行うと成長ホルモンやテストステロン等の筋肥大を誘発するホルモンが分泌され、これらのホルモンの効果により筋肥大が起こります。
よって必ずしも筋肉痛=筋肥大という訳ではありません。
種目、動かし方などで筋肉痛の有無は変わってきます。

筋肉痛はトレーニング後の一つの目安として考えるのが良いでしょう。




筋肉痛の早期回復
起きてしまった筋肉痛。数日続く痛みで苦労された方はいませんか?
そんな筋肉痛を早期回復させるのに大切なのは栄養と血流促進です!

栄養
筋肉の修復に大切な栄養素はタンパク質(アミノ酸)です。
運動後速やかに摂取する事で筋肉痛の予防、早期回復につながります。
また、筋肉の修復だけでなく筋肥大にも効果的で大切な栄養素になります
。効率的に多くのタンパク質を摂取できるプロテインや、筋肉の修復に効果的とされているBCAAといったサプリメントを活用するのがおすすめです。

血流促進
筋肉を修復する過程で出現する発痛物質を速やかに患部から排出するために血流促進が大切になります。
入浴や、マッサージ、ストレッチ更には鍼灸などを行い血流促進させ、更に固くなった筋肉を緩めることで筋肉痛軽減や疲労回復に繋がります。
カーポでは次の日の筋肉痛軽減、素早い疲労回復の為にパーソナルトレーニングの最後にはマッサージとストレッチを行います!

トレーニング後にはしっかり身体のケアを行いましょう!!




運動後に起こる筋肉痛。
起きてしまったら栄養と血行促進のケアを行い、普段からトレーニングを行う方は、筋肉痛を目安にやみくもにトレーニングするのではなく、筋肉痛の原因、筋肥大の要因を参考に効果的なトレーニングを心掛けるようにして下さい。