大蔵じいさんのお茶 | DAIZO TEA

         

大蔵じいさんのお茶との出会い

漢方茶との出会い
大学の先輩がやっている漢方薬局で飲んだ一杯の漢方茶が始まりでした。
ラフマ茶です。独特な味で深みがあって今迄に味わった事がない風味でした。日本にある漢方薬局は、「なんとなく入りづらい」「独特な匂いが苦手」「保険がきかないから高そう」など、割とかかわり難いイメージが多いかと思います。
漢方薬局を訪ねるのは、どこの病院でも治らなくて(がんや難病など)、最後の最後に藁をも掴む気持ちで入る…といったところでしょうか。

漢方の力
そもそも漢方には、劇的に一発で病を治すことは出来ません。
陰陽五行、気血水の考え方で、崩れた体のバランスを整えてあげる方が得意です。身近なところで、一番は良く耳にする「未病」に対して非常に効果を発揮します。 (※未病…健康でもなく病気でもないが、病気に向かっている状態)
漢方茶は、簡単に毎日飲めれば、手軽でまさに未病対策にうってつけのものです。

毎日飲んでも飽きないお茶が無い
ただ、一つ問題がありました。毎日飲めればカラダにとってとても良いものなのですが、あまり美味しくないのです。煎じて飲むいわゆる漢方薬「良薬口に苦し」とは言いますが、それでもやはり、続けて飲むのであれば美味しいものがいい。
緑茶や紅茶、コーヒーなどは美味しく飲めるのでよく口にしますが、漢方茶はそのようにはいかない。なかなか美味しく飲めるお茶がなかったのです。

無いなら作ろう
「それなら毎日美味しく飲めて、しかもカラダにいいお茶を作ってしまおう」
そう思いました。そこから自分なりに漢方の考え方を取り入れ、独自にブレンドして新しい健康茶の研究・製作が始まりました。

健康をできるだけ簡単に
やはりできるだけ簡単に健康への気遣いをできるようにしたいと思い、「お茶」という形を選びました。お茶なら毎日飲めるし、無理もなく続けられます。
飲んでいただくことで自身の力で健康に近付けていくことができるし、疲労やストレスを溜めたカラダを癒すことができます。

薬剤師・鍼灸師・国際中医師

大蔵じいさん?
『大蔵じいさんのお茶シリーズ』を監修する“大蔵じいさん”こと吉田大蔵と申します。薬剤師・鍼灸師・国際中医師の資格を取得しております。また、人の健康をトータルサポートする株式会社カーポの代表を務めております。健康づくりの専門家として、現在も勉強を怠ることなく、日々研究・開発を進めております。

「未病」カラダを悪くする前に
「病気になる前に自分のチカラで健康を維持できるようにしたい」
私の根本にある想いで、よく言われる「未病対策」の考え方です。病気になってから病院に行くのではなく、病気にならない、病院に行かなくて済むよう日頃からカラダを気遣う。そういった生活を心掛けていただきたいという想いでお茶を作っています。

*国際中医師とは
中国政府(衛生部、国家中医薬管理局)が国際的に専門家を認定する制度です。中医学は病気の治療や予防のための医術として発展した学問で、基本理論を身に着ければ、 漢方薬をそれらの目的に正しく用いることができます。
病院やクリニックでは病名診断のもと処方薬が決まります。国際中医師は疾病の性質などを中医学理論によって分析が可能になります。同じ症状であっても異なる漢方薬を処方し治療効果を高めることができます。

大蔵じいさんの取り組み
現在はお茶の開発・製造の他、健康なカラダづくりができるパーソナルトレーニングスタジオ『スタジオカーポ』の経営もしております。人の健康に対してトータルでサポートしていくことを目標としております。
現在進行中の取り組みとしては、第四番目の大蔵じいさんのお茶シリーズの開発を進めています。



原材料のチカラを最大限に活かす

厳選した素材
大蔵じいさんのお茶は、目的に合わせた効果効能のある成分を含んだ素材を世界各地から集めて使用しています。乾燥させたままのいわゆる “非焙煎” での形で扱うものもありますので、特に風味の出るものを選んでいます。

同じ素材でも加工が違う
例えばハブ茶。こちらは3種ともに入っているのですが、「ホッとするお茶」に入っているものだけ焙煎しています。「大蔵茶」と「お肉にあうお茶」に入れるものは非焙煎のものを使っています。これは味のバランスを考えて、最適な状態にしたものをチョイスしているからです。

素材の風味を損なわない加工
加工(焙煎・乾燥)に関しても注意を払っており、特に焙煎に関しては注意を払っています。焙煎は原材料を “煎る” 作業なのですが、その煎り具合によって風味が全く変わってきてしまいます。やり過ぎると元の風味は完全に飛んでしまいますし、煎り具合が足りなければ香ばしさが出ません。元の風味が残り、尚且つ香ばしさも出る焙煎具合を保っています。

ブレンドの奥深さ
数種類の素材をブレンドしていることで、それぞれが持っている効果効能をカラダに取り入れることができます。また焙煎・非焙煎が混ざり合うことで独特の深みある味わいになっています。
「カラダにいい。味もいい。」をしっかりと表現できるよう心掛けています。



味わっていただきたい“生茶感”

味わったことのない新風味
大蔵じいさんのお茶は、味わったことの無い独特な風味があります。他のお茶では感じたことのないものかもしれません。これは、大蔵じいさんのお茶が原材料の良さを最大限に引き出す製法を取って製造されているからです。

「焙煎」と「非焙煎」
大蔵じいさんのお茶は、原材料を焙煎したものと、非焙煎とをブレンドしています。「焙煎」とは、火を通し乾煎りすることです。そうすることで香ばしさを出すことができます。ただ、そうすることで元々の原材料の持つ風味が飛んでしまうこともあります。そこで、大蔵じいさんのお茶は、焙煎しない非焙煎の原材料もブレンドすることで、素材本来の風味を味わえるように作りました。

非焙煎の難しさ
非焙煎は原材料を乾燥させただけのものですので、本来の風味がしっかりと残るので、味わい深いお茶になります。ただ、乾燥粉砕以外の加工をしないのでとてもデリケートで、焙煎したものに比べて扱いが難しくなってきます。それらの素材の良さを逃がすことなくパッケージングする為、加工は全て国内工場で厳しい管理の下おこなわれています。

味わって欲しい “生茶感”
飲んでいただくと独特の風味を感じるはずです。それが焙煎していない生茶の風味です。あまり味わったことのない新しい感覚を得ることができると思います。それが大蔵じいさんのお茶でこだわった特徴のひとつである “生茶感” です。



最良の商品をお届けする為の品質管理

安心のオール国内工場での生産
原料のブレンド、ティーバッグへの封入、個包装、箱への封入等、全ての製造工程を国内工場にて、厳しい衛生管理の下、生産しております。焙煎が必要な原材料についても、国内工場にて焙煎します。決められた比率にブレンドしたものを、それぞれの個包装(5g煮出しパック、2gティーバッグ)へ封入します。

海外からの原材料へのチェック
大蔵じいさんのお茶は中国など海外からの原材料もあります。それらに対しては日本への輸入会社が残留農薬チェック等厳しい審査項目を設けております。それらをクリアしたものだけを使用しておりますので、安心してお飲みいただけます。

手作業のパッケージング
パッケージングは全て作業員の手作業で行っております。パッケージング時のみ、細かい作業のため、素手で(洗浄・除菌済み)おこなっております。作業員とは別にチェック係を配置し、それぞれが細心の注意を払って行います。

保管倉庫
保管に関しても徹底しています。生産工場と保管倉庫が同じ場所にすることで、保管庫への移送で考えられる問題(温度変化、移送時のパッケージ破損等)は限りなくゼロとなっています。また、保管庫は常に一定の温度・湿度を保っており、いつでも最高の品質のまま発送する体制を作っています。

発送元
商品の発送については、個数により発送元が変わります。ケース単位のご注文に関しては工場より発送致します。1ケースはそれぞれ5g煮出しタイプは20個、2gティーバッグタイプは28個になります。それ以下の数量の場合はスタジオカーポ南青山店からの発送となります。ケース単位のご注文の場合は送料無料とさせていただきます。



目指すところ

身近なようで遠い漢方
先にもお話しさせてただきましたが、「漢方茶」とうのは緑茶やコーヒーなのどに比べると、一般的ではありません。ですが “カラダに良さそう” という認識は皆さんお持ちです。それならば、飲みやすく美味しい漢方茶を作ろうという想いで作りました。
ただお茶を飲むのではなく、それが皆さんのカラダの健康に繋がり、そしてその味わいで心の健康も健康にできたら。そんな想いです。
この大蔵じいさんのお茶で、「カラダにいい。味もいい。」を表現できたのではと感じております。
まずはご自宅で一杯、手軽に漢方に触れて、味わって頂ければ幸いです。



大蔵じいさんのお茶ラインナップ | DAIZO TEA LINEUP

  • 温盛茶

    身体の冷えが気になる方へ

    温盛茶

  • 黒脂茶

    コレステロールが気になる方に

    黒脂茶

  • 出得茶

    ストレスが多い方に

    出得茶

  • 夢来茶

    ストレスが多い方に

    夢来茶

  • 細身茶

    毎日の食生活が気になる方に

    細身茶

studio_capo