ストレートネックについて

最近、「ストレートネック」という言葉を耳にしませんか?

ストレートネックとは、本来緩やかな「く」の字のように湾曲している首の骨が、首を前に出した姿勢をし続けることで真っ直ぐ(ストレート)になってしまった状態の事を言います。



人間の頭は、頸椎と呼ばれる7つの骨で支えられています。

人間の頭は、成人で約4~6㎏と言われています。頸椎はその重い頭を支えるため、本来は緩やかな「く」の字の湾曲を持っているとされています。








近年、ストレートネックが急激に増えている原因は、テレワークでパソコン使った長時間のデスクワークやスマートフォンです。

パソコンやスマートフォンを使用する場合は、うつむいたままの状態が続きがちです。

うつむいた状態は、頭を支える首に大きな負担をかけ、首のカーブが次第に失われていきます。

また、うつむく角度によって首にかかる負担の大きさが変わっていきます。


うつむく角度
首にかかる負担
0度
約4~6㎏
15度
約12㎏
30度
約18㎏
表を見ると、首が曲がれば曲がるほど首にかかる負担も大きくなっていくことが分かります。

こうして首に負担をかけ続けることにより、首のカーブが失われ最終的にストレートネックになってしまうのです。



では、ストレートネックになってしまうと、一体どのような症状があるのでしょうか。

 

〇筋肉疲労による首、肩、背中の痛みやハリ感

〇首周りの緊張による、首や肩のこり

〇頭痛や吐き気、めまい、イライラ、不眠などの症状

〇手や腕のしびれや、ヘルニア

〇猫背

などの症状があげられます。







ストレートネックになってしまうと、頭の重みが首周りにそのまま圧しかかり、筋肉や神経に大きな負担を与えてしまいます。

そして、筋肉疲労による肩、首、背中の痛みやハリ感を感じたり、首周りの筋肉が緊張してしまうので、首や肩もこってしまったりします。




ストレートネックは急に起こるものではなく、長年の生活習慣や姿勢によって起こることが多いです。

ストレッチや姿勢改善トレーニングなどを続けていき徹底的に改善しましょう。



また、ストレッチなどで改善しても、再発してしまっては意味がありません。

再発しないために、パソコンやスマートフォンを使用する際には正しい姿勢を保つよう、日々意識していきましょう!!