冷え性改善~お風呂の入り方~

いよいよ春がやってくる季節ですが、まだまだ身体も冷える気温が続きますね。
いつだって冷えは万病のもとといいますし、温かくなってくる季節でも、冷え性対策を心がけていきましょう。
そんな冷え性対策でも、今回は、冷え性さん向けの効果的なお風呂の入り方についてご紹介していきたいと思います。

① 38度~40度のお湯で15分~20分を目安に入浴
熱いお湯の方が、身体が温まりそうと思いがちですが、冷え性に効くのは少しぬるめのお湯にじっくり浸かることです。じっくり浸かることで、全身の血行が良くなり、身体がじんわりと温まっていきます。
熱いお湯にしてしまうと、瞬間的には身体は温まりますが、身体が体温を調節しようとして一気に汗をかいてしまい、お風呂を出た後に体温が下がりすぎてしまい、結局身体が冷えを感じることになってしまいます。
また、長く入りすぎてしまうと熱中症のような症状を引き起こしてしまう可能性があります。額に汗をかくくらいがちょうどお風呂を出るタイミングです。ただ、人によってちょうどいい入浴時間は異なりますので、まずは短い時間から始めてみましょう。

② 全身浴
半身浴は身体が温まりそうなイメージですが、実は冷え性さんには全身浴がおすすめです。肩までしっかりと浸かることで全身の毛細血管が広がって血流が良くなります。
さらに、身体に水圧がかかると、末端部の手足に溜まった血液やリンパを押し戻して血流が良くなるという作用が起こります。半身浴だと、水圧がかかるエリアが減ってしまうので、全身浴の方がおすすめなのです。

③ 身体や髪を洗うときは足湯
せっかく湯船で温まっても、身体や髪を洗っているときに、足元からだんだん冷えてくるという経験がある方も多いのではないでしょうか。
そんな時は洗面器に温かいお湯を入れて足首までつかる足湯がおすすめ。足先から熱が逃げるのを防いでくれます。

④ 冷え性さん向け入浴剤を活用
冷え性さんにオススメの入浴剤は、炭酸ガスの入浴剤。毛細血管を広げて血流を促進するため、身体の中からじっくりと温めてくれます。
また、入浴剤は自分好みの香りを選ぶことで、よりリラックス効果を高め、体を休めることにもつながります。

⑤ せっかく温まった体を冷やさないためにやりたいこと
・入浴後のマッサージ
特に冷えやすい足のマッサージがおすすめ。血流のポンプ機能を持つふくらはぎ部分をしっかりとマッサージしてあげましょう。また、ボデイクリームを使うことでマッサージがしやすくなるだけではなく、乾燥からお肌を守ってくれます。

・温かい素材の靴下を履く
人は身体の深部体温を下げることで眠りに入りやすくなります。足が冷え切っていると、体温を下げていくのが難しくなるのでなかなか眠りにつけないという悪循環に陥ってしまいます。足が冷たすぎて眠れないという方はこれが原因なのです。
質の良い睡眠をとるためにも、足を温めて末端の皮膚の温度を上げ、熱を放出しやすい状態を作り、身体の深部体温も下げやすくしてあげましょう。
・水分補給は白湯や温かいものを
お風呂上りには冷たいビールや水がおいしい!と思いますが、せっかく温まった体を冷やしてしまうため、ここは我慢して、温熱効果を維持させるために、常温以上の飲み物を飲むように心がけましょう。

毎日入浴時間が取れないという方も、まずは、1週間に2~3回、冷え性対策のためのお風呂習慣をつけて冷え性に負けない身体作りを心がけてみましょう。
また、お風呂に浸かるということは、身体を休め、リラックス効果も得られます。冷え知らず、疲れ知らずの身体を目指して、お風呂習慣を見直してみてくださいね。