有酸素運動の嬉しい効果♪

痩せたい、体重を落としたいと考えている方は筋トレの他にも有酸素運動は取り入れているでしょうか?

筋トレで育てた、身に着けた筋肉を使用して余分な脂肪を落としさらにワンランク上の身体を目指したい方、必見です!



まず、有酸素運動とはジョギングやウォーキングなど、筋肉への負荷が低い運動のことです。

酸素を消費し、脂肪や糖質を燃焼してエネルギーをつくります。
有酸素運動をすると、ダイエットや血行促進、美肌やむくみ解消などの効果が期待できます。




酸素を使いゆっくりとエネルギーを燃焼する「有酸素運動」には、主に以下のような効果があります。

〇ダイエット(脂肪燃焼)

〇筋肉太りの解消

〇心肺機能の改善

〇ストレス解消

〇むくみ解消

〇基礎代謝の向上

〇ストレス解消

有酸素運動はダイエット目的で行う人が多いですが、さまざまな効果が期待され、健康促進のためにもぜひ取り組みたいトレーニングです。




有酸素運動は、体内にある糖質(炭水化物)と脂肪がエネルギーとして使われるため、体脂肪の燃焼によるダイエット効果が得られます。

体脂肪を効率よく燃焼させるには、最適な運動強度を保ってトレーニングすることが大切です。




たまに有酸素運動は20分~30分以上行わないと意味がないということを聞きますが、必ずしもそういうわけではなく、5~15分でも脂肪は燃焼されます。

運動の始めは、糖質からエネルギー源として使われ、徐々に脂肪が燃やされていきます。
20分を経過したあたりから、脂肪燃焼の効果が最大化してきます。

ダイエットには有酸素運動を “20分以上続けた方が良い” と言われるのはこのためだと思います。



もっとも、トレーニングにおいては「時間」よりも「期間」が重要であり、3日以上何もしないでいると、効果がなくなってしまいます。

そのため、週3日以上を目安にトレーニングを続けるようにしましょう。




ダイエットには筋トレも重要!

ダイエットするためには、「有酸素運動」と「筋トレ」を一緒にやることが大切です。
筋トレをして筋肉をつけることで、基礎代謝がアップし、脂肪が燃焼しやすく太りにくい体を作ることができます。







無理なダイエットはストレスをもたらすこともあり時には逆効果の場合もあります。

正しい量と正しい方法をカーポで見つけて身体も心も健康になりましょう!