美味しい・嬉しい高カカオチョコレート効果

そろそろバレンタインデーの季節ですね!
バレンタインと言えばチョコレート!

最近では高カカオチョコレートが注目され、いろんなメーカーから販売されているのを目にします。
果たして高カカオチョコレートとは?
どんな効果があるのか?
チョコレートを食べるその前に、チョコレートの意外な効果を見ていきましょう。

高カカオチョコレートとは?
高カカオチョコレートとはカカオが70%以上含まれているチョコレートのことを言います。通常のチョコレートは大体30~40%と言われていて、その他に砂糖やバニラ、粉乳などでビターチョコレート、スイートチョコレート、ミルクチョコレートなどに分類していきます。
高カカオチョコレートのように、カカオ含有量が多いほど甘みは少なくなってしまいます。しかし、カカオの嬉しい効果がより得られるという事で、手に取る人が増え、注目が高まっているのです。


嬉しい効果
抗酸化作用【カカオポリフェノール】
抗酸化作用とは酸化を抑える働きのこと。人は酸素を体内に取り入れ、様々な栄養素と結びつき生命維持に必要なエネルギーを作り出しますが、一部の酸素は活性酸素となり体内に残ります。活性酸素は細菌を排除する役割も持っていますが、増え過ぎてしまうと正常な細胞も傷つけてしまうのです。
活性酸素が過剰に発生し体に悪影響を及ぼしている状態が酸化です。活性酸素は、しわやシミの原因となり、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の原因になると言われているのです。
活性酸素は加齢とともに発生量が増えると言われていますが、暴飲暴食、ストレス、栄養不足、食品添加物、たばこ、紫外線、排気ガス、等原因は沢山あります。これらの原因を少しずつ減らすのも大事ですが、抗酸化作用のある食品などを摂ることをお勧めします。
高い抗酸化作用を発揮するのが、赤ワインや緑茶に多く含まれるポリフェノールですが、素材を丸ごと使うカカオ豆は、実は自然食品の中でより多くのポリフェノールが摂取できるのです。そんなカカオ豆から作られたチョコレートは手に取りやすく、美味しく続けやすい食品と言えますね。他にも色の濃い野菜や果物も高い抗酸化作用を持っています。雑誌やメディアなどでも注目されているアサイーも高い抗酸化作用を持つ食品の一つです。

便通改善【カカオプロテイン】
もう一つは、あまり知られていませんが便通改善の効果があるのです。カカオ成分のうちカカオプロテインには難消化性の性質があり、小腸では消化吸収されず大腸に届き、便の基材となりかさを増やすことが出来ます。また、腸内細菌のえさとなり腸内フローラを変化させることで調整作用を及ぼします。食事制限で食事の量が減り、便の量が減ってしまった人や便秘に悩んでいる人には強い味方なんです。

チョコレートの優秀なところがお分かりいただけたでしょうか?
我慢していた甘いものも、これなら体に嬉しい効果が得られるかもしれませんね。
でも!なんでも摂りすぎは良くありませんよ!!健康のことを考えたつもりが、逆にカロリーを摂りすぎてしまった!なんてことになりかねません。そうならないで良いように、一口ぐらいを、小分けにして1日2~3回食べるぐらいが良いようですよ。

また、スタジオカーポにはタンパク質を豊富に含んだチョコバーも販売しています。こちらはカカオポリフェノールより、タンパク質やビタミンに特化した、味もとっても美味しい商品になっています。間食もその日の用途に合わせて美味しく食べられるものを選べると良いですね。